開発職の他業種との年収の違い

開発職として仕事をしている方の中には、企業に正社員として勤めている方もいれば、契約社員や派遣社員といった形で勤めている方もいると思います。また、「今は、フリーで仕事をしている」という方もいるでしょう。同じ職種でも、働き方は様々ですから、それぞれのライフスタイルや考え方によって、働き方を決めていると思います。

では、開発職の仕事と他職種の年収にはどういった違いがあるのか、ご紹介しましょう。
年収は、年代によっても大きく変わってきますが、35歳の収入を確認していくと、年収1位となるのは投資銀行業務。
この職種では、900万円台が相場年収となっています。
次いで多いのは、ファンドマネージャーといった運用系の職種。この職種は、年収700万円台が相場。
次は、MR。こちらも700万円台が相場の職種となっています。開発職は、どのくらいかというと、600万円台が相場となっており、ランキングとしては上位には入っていません。

しかし、営業職や事務職といった職種と比べれば、倍以上もの年収設定となるところが多くなります。「開発職は、あまり収入が良い職種ではないんだなぁ」と思われる方もいると思いますが、自分が持っている技術力、知識力をどう使うかによって、収入は上げることも出来ますし、下がってしまうこともあります。企業に勤める場合には、外資系の企業などに勤めると、成果を上げた分収入アップを目指すことが出来ますから、900万円台となる年収なども叶えることが出来るでしょう。

今では、フリーランスとして、上手に自分で仕事をやりくりしている方も増えてきています。「自分のやり方で、仕事を進めたい」と考えている方であれば、経営なども勉強しながら仕事を進めていくことで、年収を上げていくことも期待出来るでしょう。

このように、開発職の収入は他職種から見ても決して少なくありません。知識、技術、コミュニケーション能力、ビジネススキルなどを見に付けることが出来れば、更なる年収アップも目指すことが出来るでしょう。

コメントを残す